学術集会

Get Adobe Reader

※PDFファイルをご覧になるためには、「Adobe Reader」が必要です。
インストールされていない方は、Adobeサイトからダウンロードしてください。

学術集会

第14回学術集会 プログラム

・  プログラム(PDF 490KB)をダウンロード

開会挨拶 [13:00〜13:05]

真菌症フォーラム 第14回学術集会 会長:
三鴨 廣繁(愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学)

ポスター発表A[13:05〜14:30]

[PKPD(1)(要望演題)]

座長:

田村 和夫(福岡大学医学部 腫瘍・血液・感染症内科学)

A-01

アムホテリシンB製剤が誘導する腎機能障害に対するN-acetylcysteineの軽減作用の検討
竹本 浩司(大日本住友製薬株式会社 薬理研究所)

A-02

Voriconazoleのヒトおよびマウス間における薬物応答性種差克服のための検討
大渕 雅人(アステラス製薬株式会社 代謝研究所)

A-03

ミカファンギンの臨床効果に関するPK-PD初期解析
山岸 由佳(愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部)

A-04

ロジスティック回帰分析を用いたミカファンギンのPK-PDサブアナリシス
浜田 幸宏(愛知医科大学病院 感染制御部)

[PKPD(2)(要望演題)]

座長:

神田 善伸(自治医科大学附属さいたま医療センター 血液科)

A-05

イトラコナゾール静注から内用液へのスイッチ時の薬物動態および血中濃度の指標の検討
三鴨 廣繁(愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学)

A-06

日本人成人患者を対象としたボリコナゾールの母集団薬物動態解析
浜田 幸宏(愛知医科大学病院 感染制御部)

A-07

TDMに基づく薬剤変更が有用であったCandida glablata真菌血症の一例
塩田 有史(名古屋市立大学病院 感染制御室、名古屋市立大学病院 薬剤部)

A-08

慢性肺アスペルギルス症(CPA)におけるボリコナゾール(VRCZ)TDMの有用性について
守屋 敦子(日本赤十字社医療センター 感染症科)

[病原制御]

座長:

槇村 浩一(帝京大学大学院医学研究科 医真菌研究センター)

A-09

アムホテリシンBリボソーム製剤の作用メカニズムに関わる遺伝子同定のための出芽酵母ゲノムワイドスクリーニング
末岡 英明(大日本住友製薬株式会社)

A-10

Monoamine oxidase A阻害薬クロルギリンがCandida glabrataの抗真菌薬感受性に与える影響
永吉 洋介(長崎大学病院 第二外科)

A-11

Candida glabrataにおけるvacuolar H+-ATPaseの阻害が薬剤感受性と病原性に与える影響
峰松 明日香(長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 感染免疫学講座[第二内科])

A-12

サイトカイン産生誘導におけるCandida albicansマンナン抗原の作用β-1,2-マンノシドがもたらす抑制的作用について
上野 圭吾(国立感染症研究所 生物活性物質部)

A-13

Candida glabrataにおいて鉄欠乏がアゾール感受性を誘導する分子生物学的機序の解明
細萱 直希(長崎大学病院 第二内科)

ポスター発表B[13:05〜14:30]

[肺アスペルギルス(1)]

座長:

前ア 繁文(埼玉医科大学病院 感染症科・感染制御科)

B-01

当院で経験した肺アスペルギルス症について
藤田 昌樹(福岡大学病院 呼吸器内科)

B-02

呼吸器検体培養にてアスペルギルス陽性であった肺非結核性抗酸菌症の検討

内藤 雅大(松阪市民病院 呼吸器センター)

B-03

慢性肺アスペルギルス症に対するボリコナゾール長期投与12例の検討

藤内 智(国立病院機構旭川医療センター 呼吸器内科)

B-04

生体肝移植患者に発症したAspergillus terreusによる侵襲性肺アスペルギルス症の一例
渡辺 哲(千葉大学医学部附属病院 感染症管理治療部)

B-05

内視鏡下に気管支腔内の真菌塊を確認した慢性壊死性肺アスペルギルス症の一例

中村 敦(名古屋市立大学大学院医学研究科 腫瘍・免疫内科学)

[肺アスペルギルス(2)]

座長:

二木 芳人(昭和大学医学部内科学講座 臨床感染症学部門)

B-06

マウス侵襲性肺アスペルギルス症モデルに対する補助療法としてのグレリンの有用性について

武田 和明(長崎大学大学院医歯薬総合研究科 感染免疫学講座[第二内科])

B-07

Aspergillus fumigatusによる気道上皮細胞からのMUC5ACの発現とマクロライド系抗菌薬による抑制に関する検討
平野 勝治(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 感染免疫学講座[第二内科])

B-08

non-fumigatus Aspergillusの薬剤感受性及び臨床的背景の検討

吉田 將孝(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 感染免疫学講座[第二内科])

B-09

千葉大学医学部附属病院改築に伴う環境真菌調査と深在性真菌症発生の検討

渡辺 哲(千葉大学医学部附属病院 感染症管理治療部、千葉大学真菌医学研究センター)

B-10

Voriconazoleのマウスにおける体内動態の改善とアスペルギルス症マウスモデルにおける新規エキノキャンディン系ASP9726との併用効果
松本 哲(アステラス製薬 薬理研究所 免疫感染症研究室)

ポスター発表C[13:05〜14:30]

[真菌血症・播種性真菌症(1)]

座長:

吉田 稔(帝京大学医学部附属溝口病院 第4内科)

C-01

ボリコナゾールが著効したアスペルギルス内因性眼内炎の3例
佐藤 章子(大館市立総合病院 眼科)

C-02

免疫不全患者に発症したスケドスポリウム脳腫瘍に対し外科的ドレナージ術および長期ボリコナゾール静脈投与で治療効果を得た一例

玉利 洋介(独立行政法人国立病院機構 名古屋医療センター 脳神経外科)

C-03

硬膜外腫瘍・脊椎炎へ進展した慢性壊死性肺アスペルギルス症の1例

中村 敦(名古屋市立大学病院 呼吸器内科)

[真菌血症・播種性真菌症(2)]

座長:

渋谷 和俊(東邦大学医学部 病院病理学講座)

C-04

当院における真菌性眼内炎発症例に関する調査

高橋 佳子(兵庫医科大学病院 薬剤部)

C-05

白血病剖検例における深在性真菌症の疫学−日本病理剖検輯報の解析から−
鈴木 裕子(福島県立医大 輸血移植免疫学講座)

C-06

東邦大学剖検例を用いた侵襲性真菌症発生動向調査II:危険因子としての加齢に関する検討

若山 恵(東邦大学医学部 病院病理学講座)

C-07

当院におけるカンジダ菌血症の検討

渡邉 珠代(岐阜大学医学部附属病院 生体支援センター)

C-08

当院におけるカンジダ血症の後ろ向き検討

櫻谷 正明(JA広島総合病院 救急・集中治療科)

C-09

消化管真菌症に関する病理学的検討
篠ア 稔(東邦大学医療センター大森病院 病理部)

C-10

60歳以上の比較的高齢者を対象とした外来化学療法におけるボリコナゾールの予防効果

小林 寿美子(日本大学 血液膠原病内科)

C-11

脳神経外科周術期における深在性真菌症治療の現状−DPCデータを用いて−

中山 晴雄(東邦大学医療センター大橋病院 脳神経外科・院内感染対策室)

ポスター発表D[13:05〜14:30]

[トリコスポロン・接合菌]

座長:

時松 一成(大分大学医学部附属病院)

D-01

キャンディン系の抗真菌薬を使用後に発症した播種性トリコスポロン症の1例
戸川 温(福岡大学病院 腫瘍・血液・感染症内科)

D-02

Reversed CT halo sign描出に関与する病態の解析

石渡 誉郎(東邦大学医学部 病院病理学講座)

D-03

ISH法を用いたトリコスポロン症の診断および酵母血流感染症の発生動向調査

笹井 大督(東邦大学医学部病院病理学講座)

D-04

Trichosporon asahiiのbiofilm形成能と抗真菌薬感受性の検討
鳥羽 聡史(大分大学医学部 総合内科学第二講座)

D-05

新規蛋白抗原を使用した接合菌症の早期診断法開発の試み

掛屋 弘(長崎大学医歯薬学総合研究科 感染免疫学講座[第二内科])

[クリプトコックス]

座長:

池田 玲子(明治薬科大学 微生物学教室)

D-06

ステロイドを長期服用する関節リウマチ患者に発症した肺クリプトコックス症の1剖検例

大山 秀樹(兵庫医科大学 病理学講座機能病理部門)

D-07

巨大な空洞を呈した肺クリプトコックス症の1例
森田 悟(静岡県立総合病院 呼吸器内科)

D-08

日本国内で分離されたCryptococcus属臨床分離株の遺伝学的血清型解析と抗真菌症感受性

大野 秀明(国立感染症研究所 生物活性物質部)

D-09

Cryptococcus gattii感染マウス肺における肺構築変換と組織球を介した細胞間相互作用の解析

大久保 陽一郎(東邦大学医学部 病院病理学講座)

[ACTIONs Bundle]

座長:

佐々木 淳一(慶應義塾大学医学部 救急医学教室)

D-10

侵襲性カンジダ症におけるβ-D-glucanの推移と治療効果との関連
中嶋 一彦(兵庫医科大学 感染制御部)

D-11

「ACTIONs Bundle」を用いた関西電力病院における抗真菌薬の使用状況の検討
眞継 賢一(関西電力病院 薬剤部)

D-12

カンジダ感染症チェックリストを有効活用するための検討
坂野 昌志(名古屋セントラル病院 薬剤科)

D-13

カンジダ血症に対する抗真菌薬の使用実態調査および適正使用に関する検討
亀島 大輔(刈谷豊田総合病院 薬剤科)

D-14

侵襲性カンジダ症の診断・治療と有効性および予後との関係−ACTIONs Bundleの多施設調査−
吉岡 睦展(阪神ICT活動研究会、宝塚市立病院)

画像診断 [14:50〜15:10]

[真菌症に特徴的な画像診断の読み方について]

座長:

亀井 克彦(千葉大学真菌医学研究センター臨床感染症分野)

演者:

門田 淳一(大分大学医学部 総合内科学第二講座)

基調講演 [15:10〜15:40]

[Antifungal Pharmacodynamics -From Investigation to Clinical Care]

座長:

三鴨 廣繁(愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学)

演者:

David R. Andes, M.D. (University of Wisconsin)

特別企画 [15:40〜16:20]

「真菌症の診断と治療の考え方」

座長:

織田 成人(千葉大学大学院医学研究院 救急集中治療医学)
宮ア 義継(国立感染症研究所 生物活性物質部)

プレゼンテーター:

山岸 由佳
(愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部)
土田 朋子
(長崎大学病院 第二内科)

シンポジウム [16:20〜17:50]

「深在性真菌症の診断・治療ガイドライン2014」の作成にむけて

座長:

河野 茂(長崎大学病院)
演者:
(1)外科・救急 竹末 芳生
(兵庫医科大学 感染制御学)
(2)血液内科 田 徹
(福岡大学医学部 腫瘍・血液・感染症内科学)
(3)呼吸器 泉川 公一
(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科
感染免疫学講座[第二内科])
(4)感染制御 安岡 彰
(長崎大学病院 感染制御教育センター)
(5)小児 森 雅亮
(横浜市立大学附属市民総合医療センター)

閉会挨拶 [17:50〜17:55]

真菌症フォーラム 代表世話人:河野  茂(長崎大学病院)