学術集会

Get Adobe Reader

※PDFファイルをご覧になるためには、「Adobe Reader」が必要です。
インストールされていない方は、Adobeサイトからダウンロードしてください。

学術集会

過去の学術集会 〜 第11回学術集会 プログラム 〜

ランチョンセミナー [12:05-12:55]

「真菌はいかにして抗真菌薬に耐性となるか」

座長:

池田 玲子(明治薬科大学微生物学教室)

演者:

泉川 公一(長崎大学大学院感染免疫学講座)

要望演題(口演発表) [13:00-14:40]

[薬剤耐性真菌と抗真菌薬]

座長:

宮崎 義継(国立感染症研究所生物活性物質部)

O-01

ストレス応答阻害によるCandida albicansの抗真菌薬耐性の制御
金子 幸弘(国立感染症研究所生物活性物質部)

O-02

FKS2遺伝子上のアミノ酸欠損によるmicafungin低感受性Candida glabrataの検出
中村 竜也(関西医科大学附属枚方病院臨床検査部)

O-03

全国多施設で分離された病原真菌株の抗真菌薬感受性の動向
山口 英世(帝京大学医真菌研究センター)

O-04

Voriconazoleの至適血中濃度の探索と血中濃度管理の限界
浜田 幸宏(北里大学東病院薬剤部)

[非侵襲性肺アスペルギルス症の診断・治療]

座長:

二木 芳人(昭和大学医学部臨床感染症学)

O-05

肺アスペルギローマに対するミカファンギンとイトラコナゾール併用療法の臨床的検討
藤田 昌樹(福岡大学病院呼吸器内科)

O-06

当院における慢性壊死性肺アスペルギルス症(CNPA)例における血清学的診断の有用性および予後の検討
江原 淳(天理よろづ相談所病院総合内科)

O-07

慢性肺アスペルギルス症に対する治療―ボリコナゾールとミカファンギンを用いて―
西原 冬実(埼玉医科大学呼吸器内科)

[侵襲性真菌症の診断・治療]

座長:

福田隆浩(国立がんセンター中央病院特殊病棟部・幹細胞移植科)

O-08

同種造血幹細胞移植(HCT)後に発症した侵襲性アスペルギルス症(IA)の予後:新規抗真菌剤登場後の変化
平本展大(国立がんセンター中央病院幹細胞移植科)

O-09

造血幹細胞移植における真菌予防薬剤のItraconazoleとFluconazoleの比較検討?
太田 秀一(札幌北楡病院血液内科)

O-10

カンジダ血症と診断された症例の疫学解析
山岸 由佳(愛知医科大学大学院医学研究科感染制御学)

Session 1  一般演題(ポスター発表) [15:00-15:48]

[病原因子・感受性・診断]

座長:

亀井克彦(千葉大学真菌医学研究センター)

P-01

Aspergillus属真菌のβ-グルカン添加培養での成長及び細胞壁構造変化
石橋 健一(東京薬科大学薬学部免疫学教室)

P-02

Stachybotrys chartarum胞子反復気管内投与により惹起されるマウス肺動脈リモデリングについての 検討
永吉 優(千葉大学大学院医学研究院加齢呼吸器病態制御学)

P-03

Aspergillus fumigatusおよびその関連菌であるA. lentulus、A. udagawaeの薬剤感受性および? マイコトキシン産生能の比較検討
落合 恵理(千葉大学真菌医学研究センター)

P-04

Candida albicansのプロテインキナーゼ網羅的遺伝子破壊による新規治療ターゲットの探索
梅山 隆(国立感染症研究所生物活性物質部)

座長:

槇村浩一(帝京大学医真菌研究センター)

P-05

埼玉県内の無菌材料から分離された酵母様真菌における各種抗真菌薬の薬剤感受性報告
高橋 俊(埼玉医科大学病院中央検査部)

P-06

Candida glabrataにおけるカルシニューリン情報伝達経路の役割―抗真菌薬感受性と病原性への関与について―
宮崎 泰可(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科感染免疫学講座[第二内科])

P-07

in situ hybridizationを用いたヒトヒストプラスマ症の検討
若山 恵(東邦大学医学部病院病理学講座)

P-08

ホルマリン固定パラフィン切片におけるin situ hybridization法によるFusarium属の検出
篠崎 稔(東邦大学医療センター大森病院病理部)

Session 2  一般演題(ポスター発表) [15:00-15:54]

[カンジダ症・アスペルギルス症]

座長:

時松一成(大分大学医学部総合内科学第二講座)

P-09

スイッチ療法が奏功したくも膜下出血周術期カテーテル関連血流カンジダ感染症の1例
中山 晴雄(東邦大学医療センター大橋病院脳神経外科)

P-10

治療に難渋したカンジダ性肝脾膿瘍の一例
中坊 幸晴(島田市民病院血液リウマチ科)

P-11

血液疾患患者で真菌血症を起こしたアゾール耐性Candida albicansの臨床・分子生物学的検討
明見 能成(広島赤十字原爆病院歯科口腔外科)

P-12

当院における血清アスペルギルス沈降抗体検査症例の臨床的検討
北里 裕彦(国立病院機構福岡東医療センター呼吸器科)

P-13

慢性肺アスペルギルス症におけるアスペルギルス特異的IgE陽性率と胸部X線像の変動に関する臨床的意義
串間 尚子(大分大学医学部総合内科学第二講座)

座長:

網谷 良一(大阪赤十字病院呼吸器内科)

P-14

アスペルギルスによる感染性肺嚢胞の症例検討
伊藤 亘(秋田大学医学部附属病院感染制御部・ICT)

P-15

真菌薬療法で難渋した上切後難治性有瘻性膿胸に対し、胸膜残存肺全剔術を行ったアスペルギルス・MRSA膿胸の1例
橋永 一彦(大分大学医学部総合内科学第二講座)

P-16

慢性肺アスペルギルス症(CNPA)の1例―臨床経過と治療選択についての考察―
安藤常浩(日本赤十字社医療センター感染症科・呼吸器内科)

P-17

動眼神経麻痺で発症した浸潤性アスペルギルス症の一例
杉山 誠(関東労災病院脳神経外科)

Session 3  一般演題(ポスター発表) [15:00-15:48]

[抗真菌薬]

座長:

佐々木 淳一(東北大学病院高度救急救命センター)

P-18

VRCZ投与後Torsades de pointesが出現した陳旧性心筋梗塞の1例
坂部 茂俊(山田赤十字病院内科)

P-19

長崎大学病院における抗真菌薬の使用状況
栗原 慎太郎(長崎大学病院感染制御教育センター)

P-20

北里大学東病院における抗真菌薬の使用実態調査
高橋 英仁(北里大学東病院薬剤部)

P-21

抗真菌薬投与中にCandida血症を発症した8症例の検討
木村 宗芳(国家公務員共済組合連合会虎の門病院臨床感染症科・感染症部)

座長:

田村 和夫(福岡大学医学部腫瘍・血液・感染症内科学)

P-22

当院におけるCandida属以外の酵母様真菌菌血症
山本 正樹(京都大学医学部附属病院感染制御部)

P-23

小児急性骨髄性白血病におけるvoriconazoleによる深在性真菌感染症予防の検討
小林良二(札幌北楡病院小児科)

P-24

イトラコナゾール内用液の造血器悪性腫瘍患者の化学療法後の遷延する好中球減少時における深在性真菌感染予防効果
佐藤 栄一(福岡大学病院感染制御部、福岡大学医学部腫瘍・血液・感染症科)

P-25

小児血液悪性腫瘍の真菌感染症予防におけるFluconazoleとMicafunginの比較検討
中舘尚也(北里大学病院小児科)

Session 4  一般演題(ポスター発表) [15:00-15:54]

[稀な真菌症例]

座長:

渋谷 和俊(東邦大学医学部病院病理学講座)

P-26

ミカファンギン投与中に播種性接合菌症により大量の消化管出血を来した急性骨髄性白血病の1剖検例
鈴木 圭(三重大学大学院医学系研究科血液・腫瘍内科学)

P-27

難治性クリプトコックス髄膜炎を合併した悪性関節リウマチの1例
金子 開知(東邦大学医療センタ−大森病院リウマチ膠原病センタ−膠原病科)

P-28

急性骨髄性白血病の治療中に発症し、ボリコナゾールが著効したFusarium solaniによる蜂窩織炎の1例
池邉 太一(大分大学医学部総合内科学第二講座)

P-29

浸潤型副鼻腔真菌症4例の臨床的検討
高橋 宏尚(愛媛大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科)

P-30

長期経過中に真菌性歯性上顎洞炎の急性増悪を起こした維持透析患者の1例
倉恒 正利(厚生連広島総合病院腎臓内科)

座長:

伊藤 誠(刈谷豊田総合病院病理科)

P-31

国際宇宙ステーション日本実験モジュール「きぼう」の微生物叢解析
佐藤 一朗(帝京大学医真菌研究センター)

P-32

Exophiala dermatitidisによる皮膚真菌症の一症例
渡辺典之(埼玉医科大学病院中央検査部)

P-33

Pichia ohmeriによる侵襲性真菌血症の死亡例
古本 朗嗣(長崎大学病院感染症内科[熱研内科])

P-34

浸潤性アスペルギルス症による眼窩先端症候群の2症例
坂井田 譲(岐阜大学耳鼻咽喉科学)

招待講演 [16:15-17:00]

「Early Diagnosis and Treatment of Invasive Aspergillosis」

座長:前崎 繁文(埼玉医科大学感染症科・感染制御科)

演者:Georg Maschmeyer, M.D.
(Professor of Internal Medicine Chief, Dept. of Hematology, Oncology and Palliative Care Director, Center for Hematology, Oncology and Radiotherapy)

シンポジウム [17:10-19:00]

「抗真菌薬 その適応と限界を探る」

司会:
織田 成人(千葉大学大学院医学研究院救急集中治療医学)
神田 善伸(自治医科大学附属さいたま医療センター血液科)

@抗真菌薬の感受性試験の見かた・考え方

川上 小夜子(帝京大学医学部附属病院中央検査部)

Aエビデンスに基づく抗真菌薬の予防投与

大島 久美(自治医科大学附属さいたま医療センター血液科)

B抗真菌薬の併用は是か非か

吉田耕一郎(昭和大学医学部臨床感染症学)

C小児の適応外使用を考える

森 雅亮(横浜市立大学附属市民総合医療センター小児総合医療センター)

D新規抗真菌薬と新たな治療の可能性

大野 秀明(国立感染症研究所生物活性物質部)

E総合討論