学術集会

Get Adobe Reader

※PDFファイルをご覧になるためには、「Adobe Reader」が必要です。
インストールされていない方は、Adobeサイトからダウンロードしてください。

学術集会

過去の学術集会 〜 第9回学術集会 プログラム 〜

ランチョンセミナー

「アスペルギルスへの挑戦−空中真菌と院内環境汚染対策」

座長:

久米 光(日本医科大学)

演者:

矢野 邦夫(県西部浜松医療センター 感染症科)

要望演題(口演発表)

診断・治療に苦慮した肺アスペルギルス症@

座長:

相川 直樹先生(慶應義塾大学病院)

O-01.

腫瘤陰影を呈し、胸腔鏡下肺生検によって確定診断が得られたアスペルギルス肺膿瘍の1例
三木 誠(仙台赤十字病院呼吸器科)

O-02.

血球貪食症候群を合併した肺アスペルギルス症の一剖検例
猪島 一朗(九州大学大学院胸部疾患研究施設)

O-03.

重症心身障害児(者)施設で経験した慢性壊死性肺アスペルギルス症の一例
徳光 亜矢(北海道療育園 小児科)

O-04.

喘息と肺癌の臨床経過中に出現した多発空洞が急速に拡大した肺アスペルギルス症の一例
吉川 理子(関東中央病院)

肺アスペルギルス症との鑑別を要した肺真菌症

座長:

森 健(順天堂大学医学部内科(血液学))

O-05.

VRCZ・MCFGの併用療法を施行したアスペルギルス膿胸の1例
俣木 浩子(鹿児島大学医学部歯学部附属病院 呼吸器・ストレスケアセンター 呼吸器内科)

O-06.

薬物療法と空洞切開菌球除去術の併用により症状の制御が可能となった肺アスペルギローマの1例
米嶋 康臣(国立国際医療センター呼吸器科)

O-07.

肺アスペルギルス症の診断と治療に反省点のあった慢性心不全・慢性腎不全の一例
小林 宣明(日本医科大学千葉北総病院集中治療室)

診断・治療に苦慮した肺アスペルギルス症A

座長:

竹末 芳生(兵庫医科大学感染制御学)

O-08.

ボリコナゾール長期内服中に生じ、診断・治療に苦慮した肺ムコール症の一例
吉川 理子(関東中央病院)

O-09.

Shizophyllum commune(スエヒロタケ)が原因と思われ、イトラコナゾールの注射剤にて治療が開始された気管支mucoid impactionの1例
雨宮 由佳(大分大学医学部附属病院呼吸器内科)

SESSION1  一般演題(ポスター発表)

臨床:アスペルギルス症@

座長:

二木 芳人(昭和大学医学部臨床感染学)

P-01.

気管支鏡下マイクロサンプリング法を用いた肺アスペルギルス症の診断
山崎 善隆(信州大学医学部附属病院 内視鏡診療部)

P-02.

慢性型肺アスペルギルス症(CPA)の血清学的診断におけるアスペルギルス沈降抗体とプラテリア・アスペルギルス抗原陽性率の比較検討
北里 裕彦(国立病院機構福岡東医療センター)

P-03.

慢性壊死性肺アスペルギルス症診断におけるガラクトマンナン抗原およびβ-Dグルカン適正カットオフ値の検討
藤内 智(国立病院機構道北病院 呼吸器科)

P-04.

先行するインフルエンザウイルス感染に続発する肺アスペルギルス症のマウスを用いた検討
小佐井 康介(長崎大学第二内科)

P-05.

肺アスペルギルス症におけるT型アレルギーの意義に関する検討
池田 政輝(静岡県立総合病院呼吸器科)

臨床:アスペルギルス症A

座長:

岡 慎一(国立国際医療センター エイズ・治療研究開発センター)

P-06.

抗真菌薬なしで治癒に至った慢性壊死性肺アスペルギルス症のケース
山本 舜悟(亀田総合病院 総合診療・感染症科)

P-07.

血液疾患領域の侵襲性肺アスペルギルス症におけるVRCZ(Voriconazole)とMCFG(Micafangin)の併用投与が有効であった2例
峯 貴浩(岩手医科大学 血液内科)

P-08.

急性前骨髄球性白血病の寛解導入療法中に発症した難治性肺アスペルギルス症にボリコナゾ−ルとミカファンギン併用療法が著効した一例
井上 大地(神戸市立医療センター中央市民病院)

P-09.

ボリコナゾールの血中濃度測定が有用だった肺アスペルギルス感染症の1例
篠木 敏彦(横浜市大小児科)

P-10.

治療後に石灰化した菌塊が観察できた慢性壊死性肺アスペルギルス症の一例
掛屋 弘(長崎大学医学部第二内科)

P-11.

蝶形骨洞より中頭蓋底へ浸潤した脳アスペルギルス症の1手術例
宗本 滋(石川県立中央病院 脳神経外科)

SESSION2  一般演題(ポスター発表)

臨床:クリプトコックス症

座長:

三鴨 廣繁(愛知医科大学感染制御学)

P-12.

ボリコナゾールが著効したエイズ、クリプトコックス症の1例
坂部 茂俊(山田赤十字病院 内科)

P-13.

ボリコナゾールによる維持療法が奏効したフルコナゾール耐性クリプトコックス脳髄膜炎の1例
野間 聖(鹿児島大学医学部歯学部附属病院 呼吸器ストレスケアセンター・呼吸器内科)

P-14.

ボリコナゾール(VRCZ)濃度測定が有用であった重症クリプトコックス肺炎・髄膜炎の一例
松嶋 敦(山口大学大学院医学系研究科 器官病態内科学)

P-15.

Micafungin投与後に播種性クリプトコックスを発症し致死的経過をたどった全身性エリテマトーデス(SLE)の1剖検例
鈴木 圭(三重大学大学院医学系研究科 血液腫瘍内科学)

P-16.

膠原病関連間質性肺炎に対するステロイド治療中に播種性クリプトコックス症を合併した1剖検例
小清水 直樹(市立島田市民病院 呼吸器内科)

P-17.

関節リウマチに合併した難治性重症クリプトコックス症の一例
大西 章史(松山赤十字病院 内科)

P-18.

経過中に胸膜炎を合併した肺クリプトコックス症の1例
西條 知見(長崎大学医学部付属病院第二内科)

臨床:カンジダ症、その他の真菌症

座長:

田中 秀治(杏林大学医学部救急医学)

P-19.

VRCZによるCandidemiaの治療
平井 由児(東京女子医科大学病院感染症科)

P-20.

複数のカンジダ属菌種によるカンジダ心内膜炎の1例
園 貴弘(長崎大学医学部・歯学部附属病院 第二内科)

P-21.

造血器疾患の治療中に発症したトリコスポロン感染症
中瀬 一則(三重大学医学部附属病院血液・腫瘍内科)

P-22.

Trichosporon asahii 敗血症の3例
笠原 敬(奈良県立医科大学附属病院感染症センター)

P-23.

我が国における深在性トリコスポロン症の臨床疫学研究、およびトリコスポロン収集株の分子疫学・薬剤感受性の検討
時松 一成(大分大学医学部感染分子病態制御講座)

P-24.

ANCA関連血管炎に合併したノカルジア症の2例
倉恒 正利(厚生連広島総合病院 腎臓内科)

SESSION3  一般演題(ポスター発表)

臨床:血液疾患領域、小児科領域、その他

座長:

吉田 稔(帝京大学医学部附属溝の口病院第4 内科)

P-25.

造血器疾患例におけるTDMを用いたボリコナゾールの血中濃度測定とその臨床成績についての検討
尾畑 由美子(福岡大学病院 腫瘍・血液・感染症科)

P-26.

血液疾患領域の発熱性好中球減少症へ対するミカファンギンの有効性の検討
小宅 達郎(岩手医科大学血液内科)

P-27.

造血器悪性腫瘍に合併したbreakthrough fungemia症例の検討
三谷 紀之(山口大学第3内科)

P-28.

小児血液腫瘍性疾患に合併した侵襲性真菌感染症 ―単一施設における10年間の検討―
1小林 良二(札幌北楡病院小児科)

P-29.

小児急性リンパ性白血病におけるボリコナゾールとミカファンギンの併用療法
岡本 剛明(東京大学医学部附属病院 小児科)

P-30.

小児におけるボリコナゾールを用いた真菌感染予防の安全性および有効性
三春 晶嗣(慶應義塾大学小児科)

P-31.

カテーテル関連血流感染症に続発した真菌性眼内炎および椎体椎間板炎の一例
村上 穣(佐久総合病院腎臓内科)

臨床:基礎・検査:薬剤感受性

座長:

前崎 繁文(埼玉医科大学 感染症科・感染制御科)

P-32.

Japan Antifungal Surveillance Programによる真菌臨床分離株の抗真菌薬感受性に関する調査(3):2005年度報告
西山 彌生(抗真菌薬感受性サーベイランス研究会)

P-33.

当院にて分離された酵母様真菌のASTYを用いた薬剤感受性試験の検討
早川 敏/恵美 宣彦(藤田保健衛生大学 臨床検査部/血液内科)

P-34.

フルコナゾールおよびホスフルコナゾールのin vivo/in vitro活性相関に関する研究
内田 勝久(帝京大学医真菌研究センター)

P-35.

ボリコナゾールのin vivo/in vitro活性相関に関する研究
内田 勝久(帝京大学医真菌研究センター)

SESSION4  一般演題(ポスター発表)

基礎・検査:迅速診断法

座長:

槙村 浩一(帝京大学医真菌研究センター)

P-36.

侵襲性口腔アスペルギルス症の迅速診断におけるIn situ hybridization(ISH)法の有用性
明見 能成(広島赤十字原爆病院・歯科口腔外科)

P-37.

すべての病原性真菌を迅速に定量し、同定できる検出法(リアルタイムPCR・GeneScan アッセイ)の確立
添田 暢俊(福島県立医科大学外科学第一講座)

P-38.

高β-D-グルカン値を呈した深在性真菌症におけるプロカルシトニン値の検討
遠藤 重厚(岩手医科大学医学部救急医学講座)

P-39.

深在性真菌症におけるβ-DグルカンとEnzyme-linked immunosorbent assay(ELISA)法の検討
小野寺 一(広島大学病院 診療支援部)

基礎・検査:病態

座長:

渋谷 和俊(東邦大学医学部病院病理学講座)

P-40.

Aspergillus fumigatusの菌糸形態に及ぼすアムビゾームの作用
西山 彌生(帝京大学医真菌研究センター)

P-41.

Aspergillus fumigatusにより誘導される宿主AP-1活性化とTNF-α産生についての解析
豊留 孝仁(千葉大学真菌医学研究センター・真菌感染分野)

P-42.

アスペルギルスがアレルギー性気道炎症に与える影響:アスペルギルスの定着から治療まで
福島 千鶴(長崎大学医学部歯学部附属病院第二内科)

P-43.

抗β-グルカンモノクローナル抗体の反応性と生物活性
立石 亘(東京薬科大学 薬学部 免疫学教室)

P-44.

中枢神経カンジダ症に関する病理学的検討
中山 晴雄(東邦大学医療センター大橋病院第2脳神経外科)

P-45.

マウス肺動脈病変形成における胞子処理および菌種の相違による影響
落合 恵理(千葉大学真菌医学研究センター)

P-46.

フサリウム性コンタクトレンズバイオフィルムモデル
今村 圭文(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科感染免疫学講座(第二内科))

招待講演

@「Pathobiology of Aspergillus fumigatus, a saprotrophic pathogenic fungus」

司会:亀井 克彦(千葉大学真菌医学研究センター)

演者:Claude Lamarre, Ph. D.
(Aspergillus Unit Institut Pasteur, Paris, France)

A「Management of aspergillosis- from a clinical point of view」

司会:網谷 良一(大阪赤十字病院 呼吸器内科)

演者:David A. Stevens, M.D., F.A.C.P.
(Professor of Medicine, Stanford University Medical School Stanford, CA,USA)

シンポジウム

「アスペルギルス症への挑戦〜診断から治療まで〜」

司会:田村 和夫(福岡大学医学部内科学第一)/木内 哲也(名古屋大学医学部移植外科)

コメンテイター:David A. Stevens, M.D., F.A.C.P.

@アスペルギローマを中心とした内科からのアプローチ

黄 文禧(大阪赤十字病院 呼吸器内科)

A肺アスペルギルス症の外科療法

井内 敬二(国立病院機構近畿中央胸部疾患センター 呼吸器外科)

B慢性壊死性肺アスペルギルス症

宮崎 義継(国立感染症研究所 生物活性物質部)

C血液内科領域

福田 隆浩(国立がんセンター中央病院 特殊病棟部・幹細胞移植科)

D日本における固形臓器移植後の侵襲性アスペルギルス症の現状

倉 俊二(京都大学医学部附属病院 感染制御部)