学術集会

Get Adobe Reader

※PDFファイルをご覧になるためには、「Adobe Reader」が必要です。
インストールされていない方は、Adobeサイトからダウンロードしてください。

学術集会

過去の学術集会 〜 第7回学術集会 プログラム 〜

SESSION1  一般演題(口演発表)

座長:

久米 光(北里大学医学部 病理学教室)

O-01.

ホストファクターと血清ガラクトマンナン値および治療開始時期に基づいた侵襲性肺アスペルギルス症の予後評価
瓜生 英尚(亀田総合病院 血液腫瘍内科)

O-02.

ボリコナゾールのΑ. fumigatusに及ぼす作用メカニズムの形態学的研究
西山 彌生(帝京大学医真菌研究センター)

O-03.

二次性腹膜炎における真菌感染の関与−多施設共同prospective study−
大毛 宏喜(広島大学 病態制御医科学講座外科)

O-04.

当院における剖検によって確認された深在性真菌症の臨床的解析
栂野 富輝(北里大学 血液内科学)

SESSION2  一般演題(ポスター発表)

A-1基礎・診断1

座長:

渋谷 和俊(東邦大学医学部 病院病理学講座)

P-01.

Semi-nested PCRのカンジダ血症における診断感度に関する検討
宇野 健司(奈良県立医科大学 細菌学教室)

P-02.

Aspergillus flavusの産生するエラスターゼインヒビターについて
奥村 欣由(名城大学薬学部)

P-03.

動物における抗β-グルカン抗体価ならびに反応性の検討
石 健一(東京薬科大学薬学部 免疫学教室)

P-04.

酵母様真菌薬剤感受性試験においてアゾール系抗真菌薬の成績が乖離した株についての探求−ERG11のアミノ酸変異調査から−
長坂 陽子(天理よろづ相談所病院臨床病理部)

P-05.

Stachybotrys chartarumの接種方法の相違がマウスの肺血管病変形成に与える影響について
落合 恵理(千葉大学真菌医学研究センター)

P-06.

BioCell Tracerを用いたPAFEによるヒト血清中micafunginとitraconazoleのAspergillus fumigatusに対する併用効果の基礎的研究
田口 英昭(千葉大学真菌医学研究センター)

P-07.

国内外で市販されている4種の(1→3)-β-D-グルカン測定キットの比較検討
吉田 耕一郎(川崎医科大学 呼吸器内科)

A-2基礎・診断2

座長:

槇村 浩一(帝京大学医真菌研究センター)

P-08.

白苔をともなう新規マウス食道カンジダ症モデルの作製とそれを用いた経口イトラコナゾールシクロデキストリン包接可溶化製剤(ITZ-OS)の有効性の検討
石橋 弘子(帝京大学医真菌研究センター)

P-09.

Malassezia属11菌種のPFGE法による核型解析
村山 j明(北里大学北里生命科学研究所 感染情報学)

P-10.

マウス口腔カンジダ症感染初期における舌表面へのCandida albcansの侵入過程
久島 達也(帝京大学医真菌研究センター)

P-11.

病原性Aspergillus section Fumgati の分類と性状
矢口 貴志(千葉大学真菌医学研究センター)

P-12.

難治性ANCA関連血管炎の免疫抑制療法下における深在性真菌感染症の診断と治療−βグルカンの疫応答を中心とした新しいアプローチ−
吉田 雅治(東京医科大学八王子医療センター 腎臓内科)

P-13.

Aspergillus fumigatus肺感染モデルの気管支肺胞洗浄液中のサイトカインについて
渡辺 哲 (千葉大学真菌医学研究センター)

P-14.

Aspergillusの抗真菌薬感受性試験法の比較検討
三澤 慶樹 (東京大学医学部附属病院感染制御部)

B-1症例報告(アスペルギルス症)1

座長:

東山 康仁(長崎大学医学部 第二内科)

P-15.

Voriconazoleが有効であった慢性壊死性肺アスペルギルス症の一例
菱山 千祐(市立甲府病院 呼吸器科)

P-16.

治療に難渋しvoriconazoleにてアスペルギルス抗原が軽快した1症例
根本 卓(同愛記念病院アレルギー呼吸器科)

P-17.

治療に難渋しvoriconazoleにてfungus様 ballが消失した1症例
本多 正幸(同愛記念病院アレルギー呼吸器科)

P-18.

急速に増大し、治療により改善した巨大空洞を認めた慢性壊死性肺アスペルギルス症の一例
福島 一雄(国立病院機構熊本再春荘病院呼吸器科/臨床研究部)

P-19.

健常人に発症したアスペルギルス肺炎の1例
成田 裕介(横浜市立市民病院 呼吸器内科)

P-20.

気管支型肺MAC症に類似する臨床像を呈したAspergillus検出症例の検討
塚本 宏壮(姫路医療センター 内科)

P-21.

非侵襲性肺アスペルギルス症悪化病態の検討〜液面形成の意義〜
小川 良子(国立病院機構茨城東病院 呼吸器疾患部内科)

B-2症例報告(アスペルギルス症)2

座長:

森 健(順天堂大学医学部 内科〔血液学〕)

P-22.

顕微鏡的多発血管炎に合併した難治性侵襲性肺アスペルギルス症に対するVoriconazoleの使用経験
伊藤 能永(京都大学大学院医学研究科内科学講座臨床免疫学)

P-23.

イトラコナゾールの内服中に再燃した慢性壊死性肺アスペルギルス症に対してボリコナゾールが奏効した一例
筋野 智久(北里研究所病院 内科)

P-24.

AIDS関連悪性リンパ腫治療中に肺アスペルギルス症を発症しvoriconazoleにて治療成功した一例
田沼 順子(国立国際医療センター エイズ治療研究開発センター)

P-25.

急性白血病の化学療法中に発症した重症アスペルギルス感染症に対してボリコナゾールが著効した一例
岩田 あや(京都大学医学部附属病院 小児科)

P-26.

早期治療が奏効したインフルエンザ続発侵襲性肺アスペルギルス症の一例
大西 司(昭和大学 第一内科)

P-27.

当院における肺アスペルギルス症に対するブイフェンド使用経験
中川 拓(NHO東名古屋病院 呼吸器科)

P-28.

VRCZが有効であった、肺アスペルギルス症の2例
釼持 広知(神奈川県立循環器呼吸器病センター 呼吸器科)

P-29.

肺アスペルギルス症患者に対するVoriconazole導入時のクリティカルパス作成の試み
宮崎 泰斗(東邦大学 呼吸器内科)

P-30.

ボリコナゾールで治療したScedosporium apiospermum感染症の1例
古西 満(奈良県立医科大学 感染症センター)

P31.

血液疾患患者で発症したCandida albicansによる真菌血症−アゾール感受性株と耐性株の比較検討−
明見 能成(広島赤十字原爆病院 歯科口腔外科)

P-32.

ミカファンギン投与による侵襲性トリコスポロン症のbreakthroughを発症した4症例の検討
淺田 騰(亀田総合病院 血液腫瘍内科)

P-33.

愛玩動物に見られた深在性真菌症4例
佐野 文子(千葉大学真菌医学研究センター)

P-34.

血液・腫瘍疾患におけるβ-D-グルカン高値例の臨床的背景についての検討
石川 崇彦(福岡大学病院 血液・糖尿病科)

P-35.

長崎大学医学部附属病院第二内科におけるボリコナゾール使用例の検討
栗原 慎太郎(長崎大学医学部 第二内科)

P-36.

顕微鏡的多発性血管炎加療中に発症したムコールによる肺血栓塞栓症の1剖検例
畑地 治(松阪市民病院 呼吸器科)

C2-症例報告(その他の真菌症)2

座長:

森 雅亮(横浜市立大学医学部 小児科)

P-37.

急性骨髄性白血病の化学療法中に眼内炎を発症した1男児例
山本 将平(埼玉県立小児医療センター 血液腫瘍科)

P-38.

急性骨髄性白血病治療時の深在性真菌症〜Japan Adult Leukemia Study Groupにおける敗血症と肺炎の解析から〜
吉田 稔(帝京大学医学部附属溝口病院 第4内科)

P-39.

胸部CTにて侵襲性肺真菌感染症が疑われた小児急性骨髄性白血病の1例
松浦 由希子(北里大学医学部 小児科)

P-40.

胸腔鏡下手術にて診断された肺クリプトコッカス症の一例
平井 由児(東京女子医科大学病院 感染症科)

P-41.

ボリコナゾールが著効したPseudallescheria boydii感染症の一例
粟屋 禎一(東広島医療センター 呼吸器科)

P-42.

潰瘍性大腸炎に合併した、Trichosporonによる敗血症の1例
柴村 有香(昭和大学藤が丘病院 消化器内科)

P-43.

同種臍帯血移植患者におけるmicafungin使用に伴うC. parapsilosis出現頻度の増加
内山 倫宏(東京大学医科学研究所附属病院 血液腫瘍内科)

C2-外科・救急・その他1

座長:

竹末 芳生(兵庫医科大学 感染制御学)

P-44.

院内における細菌検査実施の有用性 休日の細菌培養検査により真菌感染が認められ、抗真菌薬の投与により症状の改善が見られた症例
逢坂 裕美子(北海道済生会小樽病院臨床検査科)

P-45.

術後真菌感染症の診断基準の検討
武田 和永(横浜市立大学医学部消化器病態外科学)

P-46.

難治性慢性壊死性肺アスペルギルス症に対する開窓術の試み
岡本 英子(同愛記念病院アレルギー呼吸器科)

P-47.

脊椎後方インストゥルメンテーションを併用した固定術をおこなったカンジダ性脊椎炎の1例
小林 恵三(神鋼加古川病院 整形外科)

P-48.

重症急性膵炎におけるカンジダ属による重症敗血症に対しVoriconazoleの経腸投与が有効であった1例
米満 弘一郎(国立病院機構大阪医療センター 救命救急センター)

P-49.

侵襲性副鼻腔アスペルギルス症に対するボリコナゾールの使用経験
村井 道典(岐阜大学病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科)

P-50.

血液型不適合生体肝移植後に発症した侵襲性肺アスペルギルス症に対し抗真菌療法が奏効した1例
牛込 秀隆(京都府立医科大学 移植・再生制御外科学)

D2-外科・救急・その他2

座長:

田中 秀治(杏林大学医学部 救急医学)

P-52.

深在性真菌症に対する新規治療薬であるボリコナゾールが有効であった脳病変を伴う慢性壊死性肺アスペルギルス症の一例
松田 安史(国立病院機構仙台医療センター 呼吸器外科)

P-53.

当科における外科手術後真菌症の臨床的検討
堀江 徹(獨協医科大学 第2外科)

P-54.

喀血を呈した肺アスペルギローマに対し気管支動脈塞栓術、外科的治療を施行した当院経験例の臨床的検討
黄 文禧(大阪赤十字病院 呼吸器内科)

P-55.

深在性真菌症クリニカルパスの有効性の検討
田口 博一(獨協医科大学越谷病院 救命救急センター)

P-56.

胸腔鏡にて菌塊を観察、診断し得た肺アスペルギルス症のボリコナゾール治療例
八戸 敏史(独立行政法人国立病院機構東京病院 呼吸器内科)

P-57.

好中球減少症を伴う化学療法中における抗真菌薬治療の費用効果性
森本 剛(京都大学大学院医学研究科 医学教育推進センター)

P-58.

ボリコナゾールの薬物血中濃度モニタリング
高倉 俊二(京都大学医学部附属病院 感染制御部)

SESSION3  シンポジウム

深在性真菌症治療の黎明期 −世界指標を見据えて−

座長:網谷 良一(大阪赤十字病院 呼吸器内科)
吉田 稔(帝京大学医学部附属溝口病院 第4内科)

1.アゾール系抗真菌薬

時松 一成(大分大学医学部 感染分子病態制御講座〔内科学第二〕)

2.ポリエン系抗真菌薬

宮崎 義継(長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 感染分子病態学講座〔第二内科〕

3.キャンディン系抗真菌薬

二木 芳人(川崎医科大学 呼吸器内科)

4.欧州における治療スタンダード

「Management of Invasive Fungal Infections in Cancer Patients from a Germanperspective」
Georg Maschmeyer, M.D.
(Department of Hematology and Oncology, Klinikum Ernst von Bergmann, Potsdam, Germany)

5.ディスカッション

時松 一成(大分大学医学部 感染分子病態制御講座〔内科学第二〕)
宮崎 義継(長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 感染分子病態学講座〔第二内科〕)
二木 芳人(川崎医科大学 呼吸器内科)
Georg Maschmeyer, M.D.
(Department of Hematology and Oncology, Klinikum Ernst von Bergmann, Potsdam, Germany)
Michael Rinaldi, Ph.D.
(Department of Pathology, University of Texas Health Science Center at San Antonio)

SESSION4  招待講演

司会:亀井 克彦(千葉大学真菌医学研究センター)

「The New Microbiologic Monsters: Opportunistic Fungi」
Michael Rinaldi, Ph.D.
(Department of Pathology, University of Texas Health Science Center at San Antonio)