学術集会

Get Adobe Reader

※PDFファイルをご覧になるためには、「Adobe Reader」が必要です。
インストールされていない方は、Adobeサイトからダウンロードしてください。

学術集会

過去の学術集会 〜 第4回学術集会 プログラム 〜

SESSION1  サテライトレクチャー

司会:

網谷 良一(大阪赤十字病院 呼吸器科)

1.

Radiology and Imaging in Diagnosis (of Invasive Aspergillosis)
Prof. Jorg-W. Oestmann
(Professor of Radiology; Vice-Chairman, Department of Radiology, Charite-Campus Virchow/Humboldt University)

SESSION2  一般演題(ポスター討論)

A病態1

司会:

渋谷 和俊(東邦大学医学部 病院病理学)

P-1.

キャンディン系抗真菌薬micafunginのAspergillus fumigatus発育菌糸形態に及ぼす影響
西山 彌生(帝京大学医真菌研究センター)

P-2..

Aspergillusが産生するマイコトキシン“malformin A”による好中球の抗真菌活性の阻止
安部 茂(帝京大学医真菌研究センター)

P-3.

Aspergillus fumigatusによる細胞傷害性物質の産生と酸素濃度との関係について
渡辺 哲(千葉大学真菌医学研究センター、同大学院医学研究院 加齢呼吸器病態制御学)

P-4.

胃潰瘍穿孔性腹膜炎と真菌 −カビが胃に穴を開ける?−
萩原 栄一郎(東京慈恵会医科大学 救急部)

B病態2

司会:

明見 能成(広島赤十字・原爆病院 歯科口腔外科)

P-5.

難治性肝性腹水における真菌関与の臨床的検討て
田坂 勝視(公立御津病院 内科)

P-6.

当院において血液培養からCandida属が分離された症例の臨床的検討
岡 陽子(埼玉医科大学附属病院 感染症科・感染制御科)

P-7.

白血病に合併した侵襲性肺アスペルギルス症に関する臨床病理学的検討
杉野 圭史(東邦大学医学部 第一内科)

P-8.

当院における侵襲性肺アスペルギルス症の臨床的検討
黄 文禧(大阪赤十字病院 呼吸器内科)

C感受性

司会:

安部 茂(帝京大学医真菌研究センター)

P-9.

多施設共同研究における「抗真菌薬感受性サーベイランス2001」報告
抗真菌薬感受性サーベイランス2001研究会(世話人代表:山口 英世)

P-10.

In vivo効果に相関するCandida spp.のFluconazoleに対するin vitro 感受性試験法の新しい終末点判定基準に関する提案
内田 勝久(帝京大学医真菌研究センター)

P-11.

造血器悪性腫瘍患者における血中分離真菌とその薬剤感受性に関する検討
小原 忠博(広島赤十字・原爆病院 検査部)

P-12.

本学病院から分離された酵母様真菌の薬剤感受性について
高橋 俊(埼玉医科大学附属病院 中央検査部)

P-13.

Candida albicans の薬剤感受性試験における判定時間延長の検討-耐性化傾向把握の手段としての可能性-
三澤 慶樹(東京大学医学部附属病院 感染制御部微生物検査部門)

P-14.

Candida parapsilosis菌血症におけるfluconazole heteroresistance株の分離
山住 俊晃(近畿大学医学部 臨床検査医学)

D稀な真菌症

司会:

宮ア 義継(長崎大学医学部 第2内科)

P-15.

ウレアーゼ活性を示したHistoplasma capsulatum var. duboisii
Sharmin Shahana(千葉大学真菌医学研究センター)

P-16.

微生物安全検査室(BSL-3)を必要とするCoccidioides imitisの検出
砂田 淳子(大阪大学医学部附属病院 臨床検査部)

P-17.

造血器悪性腫瘍患者における非アスペルギルス糸状菌による侵襲性口内炎-イトラコナゾール予防投与患者に発症した2例-
明見 能成(広島赤十字・原爆病院 歯科口腔外科)

P-18.

副鼻腔・肺・肝に発症したMucor症の一例
河野 友美(福岡大学病院 第一内科)

P-19.

食道癌術後にムーコル創感染を併発した症例
白鳥 昌利(帝京大学医学部 外科)

E診断1

司会:

田中 秀治(杏林大学医学部 救急医学)

P-20.

(1→3)-β-D-グルカン製剤使用が血中(1→3)-β-D-グルカン濃度測定に与える影響の検討
北川 剛史(マルハ株式会社 中央研究所)

P-21.

アルカリ処理−発色合成基質カイネティック法による血中(1→3)-β-D-グルカン値測定における非特異反応とその対策
吉田 耕一郎 (川崎医科大学 呼吸器内科)

P-22.

高カロリー輸液療法(以下 IVH)中に(1→3)-β-D-グルカン(以下BG)値が著高(>300pg/ml)を呈した19症例の臨床的検討
甲原 芳範(佐賀関町国民健康保険病院 内科)

P-23.

血清β−Dグルカン測定によるニューモシスチス・カリニ肺炎の補助診断
上田 安希子(大阪大学医学部附属病院 臨床検査部)

F 診断2

司会:

前崎 繁文(埼玉医科大学 第1内科)

P-24.

自覚症状がほとんどなく気管支肺胞洗浄の細胞診が有用であった全身性クリプトコッカス症の一例
櫻井 穣司(広島大学医学部附属病院 第二内科)

P-25.

膠原病に合併した深在性真菌症の血清学的診断法の有用性と臨床的特徴の解析
遠藤 平仁(北里大学医学部 内科)

P-26.

当院での新しい深在性真菌症の診断・治療ガイドライン
重光 祐司(臼杵市医師会立コスモス病院 外科)

P-27.

血液疾患患者の深在性真菌症における各種血清診断法の比較検討
堀口 祐司(埼玉医科大学附属病院 感染症科・感染制御科)

P-28.

新しい播種性Candida症マウスモデルを用いた真菌血清診断法の有用性に関する検討
高橋 賢(奈良県立医科大学 第2内科)

G診断3

司会:

荒木 恒敏(藤田保健衛生大学医学部 救急部)

P-29.

当科において外科手術後真菌症が疑われた8例の検討
堀江 徹(獨協医科大学 第2外科)

P-30.

腹部外科および救急領域における深在性真菌症
宇佐美 眞(神戸大学医学部 保健学科)

P-31.

抗Candida、抗Aspergillus 細胞壁グルカン抗体価の比較検討
石橋 健一(東京薬科大学薬学部 免疫学教室)

P-32.

肝胆膵領域術後における胆汁中真菌の意義
川本 徹(筑波大学臨床医学系 消化器外科)

H診断4

司会:

吉田 耕一郎(川崎医科大学 呼吸器内科)

P-33.

リアルタイムPCR法を用いた侵襲性肺アスペルギルス症の診断と感染制御
時松 一成(大分医科大学 感染分子病態制御講座〔第二内科〕)

P-34.

Aspergillus属、並びに主要菌種に対するPCR同定システムの研究
杉田 知妹(東京女子医科大学 第1内科、帝京大学医真菌研究センター)

P-35.

侵襲性アスペルギルス口内炎患者の口腔内組織から検出された真菌要素のin situ hybridization法による同定
村山 j明(北里大学北里生命科学研究所 感染情報)

P-36.

当院における真菌PCR法の測定感度の決定
永野 栄子(獨協医科大学越谷病院 臨床検査部)

P-37.

18SrDNAを鋳型とした広範囲深在性真菌症遺伝子診断法適用例の解析
槇村 浩一(帝京大学医真菌研究センター)

P-38.

1LAMP法を用いた深在性真菌遺伝子診断法
藤崎 竜一(帝京大学医真菌研究センター)

J治療1

司会:

小川 賢二(国立療養所東名古屋病院 呼吸器科)

P-39.

外科的切除を行った肺アスペルギローマの臨床的検討
斉藤 博(県立愛知病院 呼吸器内科)

P-40.

血液悪性疾患に合併したアスペルギルス症20例の検討
詫間 隆博(九州大学大学院医学研究院 病態修復内科学分野)

P-41.

AMLの経過中に発症した侵襲性肺アスペルギルス症の1切除例の検討
安藤 常浩(日本赤十字社医療センター 呼吸器内科)

P-42.

悪性リンパ腫に合併したアスペルギルス肺炎の1例
森 健(順天堂大学医学部 内科〔血液学〕)

P-43.

臨床上治療に苦慮した肺アスペルギルス症の3例についての検討
北村 英也(日本赤十字社医療センター 呼吸器内科)

P-44.

悪性リンパ腫治療後の肺全摘除を要した真菌性膿胸の一手術例
根木 浩路(藤田保健衛生大学医学部 胸部外科)

K治療2

司会:

光武 耕太郎(国立循環器病センター 感染対策室)

P-45.

深在性真菌症を有する生体肝移植患者における血中AMPH-B濃度測定の重要性
西 功(大阪大学医学部附属病院 臨床検査部)

P-46.

当科における肺クリプトコッカス症の検討
藤田 昌樹(九州大学大学院 胸部疾患研究施設)

P-47.

Fluconazole(FLCZ)とflucytosine(5-FC)の併用が著効したクリプトコッカス髄膜炎とリンパ節炎の合併したATL男性例
室園 祐吉(健康保険南海病院 循環器科)

P-48.

肺クリプトコックス症に対するボリコナゾールの効果
宮崎 義継
(長崎大学大学院医歯薬総合学研究科 感染分子病態学講座〔第2内科〕)

P-49.

重症熱傷患者におけるFungal Decontaminationの有用性
田中 秀治(杏林大学 救急医学、高度救命救急センター、熱傷センター)

L 症例報告1

司会:

安藤 常浩(日本赤十字社医療センター 呼吸器内科)

P-50.

MALTリンパ腫の化学療法後に発症した肺アスペルギルス症の一例
塚田 哲也(武内病院 内科)

P-51.

喘息治療を契機に発症したアスペルギルス肺炎の一症例
尾垣 広幸(吉田病院)

P-52.

発症後8年間、再発と寛解を繰り返している低形成白血病に対する寛解導入療法中に侵襲性肺アスペルギルス症を合併し、救命、再寛解を得ることができた1例
萩原 潔通(生長会府中病院 血液内科)

P-53.

肝硬変を基礎疾患とし、短期ステロイド投与を契機に急激に発症・進行した侵襲性肺アスペルギルス症の一例
鈴木 直仁(同愛記念病院 アレルギー・呼吸器科)

P-54.

肺結核後遺空洞に発症した肺アスペルギルス症
財前 行宏(国立療養所西別府病院 呼吸器科)

L症例報告2

司会:

中島 正光(広島大学医学部附属病院 第二内科)

P-55.

難治性の腎カンジダ症を呈した低出生体重児の一例
西田 吉伸(京都大学 小児科)

P-56.

肺野腫瘤性病変を呈した真菌症の検討
神谷 紀輝(北里研究所メディカルセンター病院 外科)

P-57.

フルコナゾール投与により、敗血症性塞栓症および真菌性眼内炎が治癒した腸管型ベーチェット病の1例
岡 寛 (聖マリアンナ医科大学 リウマチ膠原病アレルギー内科)

P-58.

中心静脈カテーテル留置後、早期に真菌性眼内炎を発症した一例
本田 義博(富士吉田市立病院 外科)

SESSION3  基調講演

司会:二木 芳人(川崎医科大学 呼吸器内科)

Guideline on Invasive Fungal Infection in the U.S. and Europe
Prof. Thomas J. Walsh
(Immunocompromised Host Section, Pediatric Oncology Branch, National Cancer Institute, Bethesda, MD, USA)

SESSION4  シンポジウム

深在性真菌症の診断・治療ガイドライン

司会:河野 茂 (長崎大学医学部 第二内科)

発表:深在性真菌症のガイドライン作成委員会