学術集会

Get Adobe Reader

※PDFファイルをご覧になるためには、「Adobe Reader」が必要です。
インストールされていない方は、Adobeサイトからダウンロードしてください。

学術集会

過去の学術集会 〜 第2回学術集会 プログラム 〜

SESSION1  パネルディスカッション

THEME

Early Presumptive Therapy 〜診断と治療のタイミング〜

司会:

谷村 弘(和歌山県立医科大学 第2外科)
河野 茂(長崎大学医学部 第2内科)

コメンテータ

久米 光(北里大学医学部 病理)

1.

外科領域における深在性真菌症に対するEarly presumptive therapy 開始基準
竹末 芳生(広島大学 第一外科)

2.

杏林大学高度救命救急センターにおけるEarly presumptive therapy の有効性
田中 秀治(杏林大学付属病院 高度救命救急センター)

3.

造血器悪性腫瘍患者における侵襲性肺アスペルギルス症の診断
上 昌広(虎の門病院 血液科)

4.

深在性真菌症の診断 〜内科・呼吸器の立場から〜
前崎 繁文(埼玉医科大学 第1 内科)

SESSION2  作成ガイドライン中間報告

〜診断ガイドライン・治療ガイドライン〜

司会:

山口 英世(帝京大学医真菌研究センター)

1.

深在性真菌症診断のガイドライン
吉田 稔(帝京大学附属溝口病院 第4 内科)

2.

深在性真菌症治療のガイドライン
二木 芳人(川崎医科大学 呼吸器内科)

SESSION3  一般演題(ポスター発表)

THEME

A 基礎領域1

司会:

伊藤 章
(横浜市立大学医学部 臨床検査部)

P1.

CHROMager を用いて同定された最近のCandida 菌種について
池ヶ谷 諭史(福井医科大学 病理学二)

P2.

Fluconazole Heteroresistant Cryptococcus neoformans
T.Yamazumi(Department of Clinical Pathology,Kinki University )

P3.

アゾール耐性C.albicans,Darlington 株の耐性機構の解明
掛屋 弘(長崎大学医学部 第2 内科)

P4.

病原真菌Candida glabrata のフルコナゾール耐性機構
新見 昌一(国立感染症研究所 生物活性物質部)

THEME

B 基礎領域2

司会:

池上 敬一
(獨協医科大学越谷病院救急医療科)

P5.

血液製剤中の(1 →3 )‐β‐ D‐グルカン濃度とセルロース製血液処理膜からの溶出による混入
宇佐美 眞(神戸大学医学部 保健学科)

P6.

セルロース膜由来(1 →3)‐β‐D グルカン(BG )のbiological effect の検討
大畑 淳(神戸大学医学部 保健学科)

P7.

カンジダ細胞壁β‐ D‐グルカン(CSBG)標品の調製と分析ならびに臨床的有用性
小倉 紀彦(生化学工業株式会社 中央研究所)

P8.

測定キット間の血中(1 →3)‐β‐D‐グルカン測定値不一致の原因に関する検討
吉田 耕一郎(川崎医科大学 呼吸器内科)

THEME

C 基礎領域3

司会:

宮崎 義継(長崎大学医学部 第2内科)

P9.

新規リポペプチド系抗真菌薬FK463 のCandida albicans に対する形態学的解析
西山 彌生(帝京大学医真菌研究センター)

P10.

Amphotericin B‐ 7‐ dehydrocholesterol 複合体の抗真菌作用と副作用の検討
宇野 潤(千葉大学真菌医学研究センター)

P11.

レモングラス精油および構成精油citral によるCandida albicans 菌糸形発育の阻止
佐藤 祐一(帝京大学医真菌研究センター)

P12.

本邦におけるCandida albicans の新しい分離株と新たに発見されたC.dubliniensis の遺伝子多様性
田村 美貴(千葉大学真菌医学研究センター)

THEME

D 基礎領域4

司会:

内田 勝久(帝京大学医真菌研究センター)

P13.

全身性カンジダ症例における腎病変の変遷についての一考察
若山 恵(東邦大学医学部付属大橋病院 病理)

P14.

Candida glabrata の病原性に関する検討
亀井 克彦(千葉大学真菌医学研究センター)

P15.

微小重力環境における飛沫感染についての実験的研究―Candida albicans を含む飛沫の動態の解析―
安部 茂(帝京大学医真菌研究センター、同医学部微生物講座)

P16.

オンライン病原真菌データベース作成の試み
槇村 浩一(帝京大学医真菌研究センター)

THEME

E 内科系領域1

司会:

網谷 良一(大阪赤十字病院 呼吸器内科)

P17.

アスペルギルスの増殖を伴った肺癌の3例
吉富 淳(静岡赤十字病院 呼吸器科)

P18.

多発性骨髄腫に合併し、心病変によると思われる不整脈を来した全身性アスペルギルス症の1例
大野 恭太(高槻病院 内科)

P19.

侵襲性アスペルギウス症の肺外病変の臨床的特徴について
堀 明子(国立がんセンター 血液科)

P20.

類天疱瘡治療中に短期間で菌球を形成したアスペルギローマの一例
三野 健(東邦大学付属大橋病院 第4 内科)

THEME

F 内科系領域2

司会:

中島 正光(川崎医科大学 呼吸器内科)

P21.

ターゲットサーベイランスにおけるカンジダ感染症
向野 賢治(福岡大学医学部 第一内科)

P22.

治療経過中に胸部異常陰影が出現し、喀痰培養でAspergillus fumigatus を検出した急性リンパ性白血病の1 例
森 健(順天堂大学医学部内科〔血液学〕)

P23.

侵襲性肺アスペルギルス症の3 例―血清診断と遺伝子診断の有用性と限界―
松本 純子(帝京大学医学部附属溝口病院 第4 内科)

P24.

侵襲型肺アスペルギルス症における画像所見の解析
安藤 常浩(東邦大学医学部付属大橋病院病理、日赤医療センター 呼吸器内科)

THEME

G 内科系領域3

司会:

舟田 久(富山医科薬科大学医学部 感染予防医学)

P25.

高齢嚥下困難患者における、食道廃用/G‐tube 留置の真菌感染に及ぼす影響の検討
佐竹 信哉(加古川市民病院 内科)

P26.

ビオフェルミン末が有効であった深在真菌症の1 例
中村 浩士(山口大学 第二内科)

P27.

β‐Dグルカンが異常高値を呈した末期直腸癌の一症例
井上 茂(関西医科大学洛西ニュータウン病院 外科)

P28.

深在性真菌症と消化管トランスロケーションの関わり―臨床学的因子の検討―
前村 公成(鹿児島県立大島病院 外科)

P29.

AMLの化学療法中に発症した多発性真菌性肝・脾・腎膿瘍に対して脾摘が奏効した1例
阿部 崇(新潟大学 第一内科)

THEME

外科系/ 救急領域1

司会:

角田 卓也(東京大学医科学研究所先端医療研究センター 外科)

P30.

真菌による敗血症の検討
良元 和久(神奈川県衛生看護専門学校附属病院 外科)

P31.

婦人科癌患者における真菌血症の現状
三鴨 廣繁(岐阜大学医学部 産科婦人科)

P32.

外科的重症患者における真菌DNA 検出の臨床的意義に関する検討
田口 博一(獨協医科大学越谷病院 外科)

P33.

リアルタイムPCR 法によるカンジダ血症の診断
草地 信也(東邦大学医学部 外科学第三講座)

THEME

外科系/ 救急領域2

司会:

木内 哲也(京都大学医学部 移植外科)

P34.

術前から血中(1→3)β‐D グルカンが異常高値を示した直腸癌の一切除症例
白岩 浩(西脇市立西脇病院 外科)

P35.

生体腎移植後高 β‐D‐グルカン血症を伴って発症した吻合部仮性動脈瘤破裂の1例
笹沼 英紀(自治医科大学 消化器一般外科)

P36.

外科手術後深在性真菌症の治療ガイドライン導入後の成績
重光 祐司(臼杵市医師会立コスモス病院 外科)

P37.

随伴した急性膵炎に対して抗生物質を長期使用した後の膵癌根治手術後に真菌性ブドウ膜炎をきたした一例
太田 義人(千葉大学医学部 第二外科)

THEME

外科系/ 救急領域3

司会:

三鴨 廣繁(岐阜大学医学部 産科婦人科)

P34.

三尖弁位真菌性感染性心内膜炎に対し弁形成術を行った1 例
駒田 拓也(松阪中央総合病院 胸部外科)

P35.

胆道癌術後真菌感染に関する検討
石澤 達也(筑波大学附属病院 消化器外科)

P36.

深在性真菌症調査システムによってエントリーされた9 症例の検討
鈴木 紀男(獨協医科大学 第2 外科)

P37.

Fluconazole 投与が有効と考えられた術後真菌混合感染の2 例
吉本 昇(横浜市立大学 第2 外科)

SESSION4  特別講演

THEME

Management of Invasive Candida Infections:Risk Factors,Diagnosis and Therapy

司会:

炭山 嘉伸(東邦大学第3 外科)

Dr.Thomas Frost Patterson
( Professor of Medicine, The University of Texas )